QRコード

  • 携帯からもアクセス!

ついったー

マナカード

  • マナカード

スプリング・コンサート2009

  • 4
    2009年6月27日のスプリング・コンサートの写真たち
 
Powered by Six Apart
Member since 07/2008

tea Feed

2016年7月11日 (月)

ルフナ ルフナ ルフナ

Img_2749


カレルチャペックの山田詩子さんのティーセミナーに行ってきました。

このところ何回かタイミングが合わなくて参加できてなかったので、久しぶりの参加でした。

今回は「ルフナ紅茶を味わう会」というテーマで、ルフナばっかり飲み比べ。

私はこうやって詩子さんのセミナーに何度か行ってるし、紅茶が好きでいろいろ飲んでいるから知識もちょこっと持っているけど、紅茶のことって、一般的にはほとんど知られてないんやなって話を聞いて分かりました。

好きな紅茶を質問したら、「ダージリン」、「アッサム」、次に「アールグレイ」、「ミルクティー」みたいな回答になるケースが多いそうなのです。
「ダージリン」、「アッサム」は茶葉、「アールグレイ」は香料、「ミルクティー」は飲み方と、異なります。
コーヒーで同じ質問をしたら、「ブルーマウンテン」と「カフェラテ」みたいな感じでしょうか。

詩子さんがこだわりぬいて生産者の人たちと作り上げたシングルオリジンのルフナ、ソーダ出し、ストレート、ミルクティー、フレイバーも含めて5種類ほど飲みました。
それぞれのお茶に合うと思われるお菓子がついてきて、実際に飲んだり食べたりしながらお話を聞きます。

こうやって書いていたら、優雅なセミナーに思えるでしょう。
知っている人は知ってることですが、詩子さんはとにかく早口!
前のめりなマシンガントークを浴びるように聞きながらのセミナーです。
お話を聞いてるだけでお腹いっぱいになれる勢いです。
2時間のセミナー、実際のお話は1時間強なのですが、2時間以上たっぷり聞いた気分でした。

後半は、詩子さんが各テーブルを周ってイラスト入りサイン色紙をそれぞれにくださったり、写真撮影したり、サービス精神旺盛です。

こんなんだから、参加者の半数が私のように詩子さんのセミナーのリピーターでした。
詩子さんの暑苦しいまでの紅茶愛がつまったお話を聞くと、元気になれるんですよね。

これまで参加してきたリッツカールトンのセミナーよりも簡素でしたが、甘いものが以前ほど得意ではなくなってきたので、これくらいでちょうどよかったかも。

おみやげは、今回もとってもとってもゴージャスでした。
今回のセミナーのおみやげ専用でバッグを作ってくださったり、
本当に本当に、詩子さんのサービス精神の塊のようなおみやげでした。
私のカレルチャペックのノベルティコレクションが、また増えました^^

2015年3月24日 (火)

麗しのティーセミナー

先日、リッツカールトンホテルでカレルチャペックの山田詩子さんの「紅茶の時間」発売記念ティーセミナーに行ってきました。

実は、リッツでのティーセミナーは二回目。昨年12月に行って感激し、ブログに書こうと思いつつ、書けないまま今に至る。。

リッツのセミナーは、他の場所で開催されるセミナーの倍ほどのお値段がするのですが、空間、サービス、料理、その他諸々を含めるとお値打ちです。
セミナーのお茶と料理、お土産、もう!もう!詩子さんが太っ腹過ぎまして、儲けなんてないんじゃ?と思います。
去年のセミナーも、その太っ腹さ加減にたいがい驚いたのですが、今回、チケットと一緒に紅茶のサンプルとノベルティのマグカップが届いた時点で前回以上に驚きました。

会場は、「ザ・バー」です。シガーを扱っているバーなので、入った瞬間、シガーの香りが迎えてくれます。

詩子さんは、紅茶に関して、とってもとっても熱い方です。
こんなに熱い方が作っているお茶だからおいしいくて当たり前なんだって感じます。
セミナーでは、熱い思いがマシンガントークでおなか一杯聞けます。
トークが熱すぎて、聞きほれていると食事をするタイミングを失います。それくらい熱いです。

150320_132001_5

紅茶に関するお話を聞きながら、そのテーマのお茶をいただきます。最初は、超高級な「シルバーチップ」から。しっかりと香りと味を楽しみます。

さくらダージリンにあわせて、桜餅が出てきました。上の写真ですね。この器、買おう!と思ってたら、お土産に入ってました。

150320_140201

スイーツは、テッペンにリッツのシンボルのライオンが鎮座しているトレイで出てきます。今回のテーマは、ピンク、だったそうです。これだけでもゴージャスなんですが、他にもまだまだ、セイボリーのお皿とか、別皿で出てくるスイーツとかあって、お茶とあわせていくと、食べきれないほどでした。

今回は、ゲスト講師がおられて、スチュワード麻子さんが後半を担当されました。詩子さんとは逆で、ほんわかと聞けました。でも、お話の中に数字がたくさん出てきて、とっても勉強になりました。

セミナーのお話とお料理とお茶で、おなかが本当に本当に幸せでいっぱいいっぱいでした。今回は本の出版記念でしたので、しっかりと本にサインをいただきました。詩子さんは、絵本作家でもあるので、それぞれに違ったイラスト付き。「同じイラストは描かないわよぉ」と、サイン会中も、バシバシお話されながら描いておられました。

カレルチャペックの世界を堪能。。でした。

2014年5月 2日 (金)

INDIVI 2

140502_220801


GWも後半に入ろうとしています。

ダンナ氏が出勤のため、平常通りの毎日です。
お天気が良いので洗濯に励んでおります。

最近、あまり遠出しないからか、友人が遊びにきてくれました。

おみやげにムレスナティーの新作のセット!
16種類のティーバッグが入っております。
紅茶はもっぱらカレルチャペックばかりを愛飲しているのですが、こういう頂き物はとってもうれしいです。
一種類ずつ、楽しみに味わいたいです。

2013年12月 1日 (日)

クリスマスカレンダーティー

Cg2689631_main12月が始まりました。

アフタヌーンティーで、クリスマスをカウントダウンするアドベントカレンダーを見つけたので買いました。写真は公式サイトからいただきました。

24種類の紅茶を日替わりで楽しめます。

1. アフタヌーンティー 
2. アッサムリーフ 
3. キャラメルカスタード 
4. ウバ 
5. ミックスベリー 
6. カモミール&アッサム
7. ストロベリー 
8. キームン 
9. ニルギリ 
10. ペパーミント&アッサム 
11. イングリッシュミルクティーブレンド
12. ピーチ 
13. ジャスミン 
14. ベルベイヌ&アッサム 
15. ディンブラ 
16. スイートオレンジ 
17. アッサム
18. アップルカモミール 
19. キャラメル 
20. アールグレイ 
21. ローズ&アッサム
22. ウィンターキャラメルバニラ 
23. ウィンターストロベリーカスタード 
24. ウィンターアップルティー

全部飲み終わったらクリスマス、と。

最近、フレーバーティーよりもベーシックなピュアティーが好みなので、良い感じです。

初日の今日は、重要イベントがあって朝から夕方までバタバタしたので、夜に落ち着いてからゆっくりといただきました。

クリスマスまで毎日お茶の時間が楽しめそうです。

 

2010年10月25日 (月)

戦利品♪

101025_234901 楽しみにしていたルピシエのグラン・マルシェ。
予約が出遅れて、朝イチから行けなかったのが、ちょっとイタかったかなぁ、と思ったけど、ガッツリと楽しみました。
とにかく、試飲し放題ですからね♪
といっても、そんなに大量に飲めるものでもないですが。

気になるあれやこれやを、たーっくさん試して、気に入ったものをお買い上げ。

いつも楽しみにしている、各店舗限定の「ココデシカ」
これまでのマルシェでいろいろ買ってきたから、今回はもう買うでもないか、と思っていたけど、これまでなかった、サンフランシスコの限定品を見てたまらず買ってしまった。
写真はその3点。

ノンカフェインのお茶があったりするあたりが、アメリカ西海岸らしい。
あちらは、カフェインを気にする人が多くて、デカフェにノンカフェインが多いからな。

2010年8月18日 (水)

コラボ缶

Kuma3 リラックマストアを通りがかった時、遠目から

「あ、あの缶は!!」

と、気になったものが。

近づいていくと、カレルチャペックとリラックマのコラボ缶。

私自身は、リラックマのキャラクターそのものには特に興味ないのですが、カレルチャペックのお茶が欲しいな、と思って即買い。

2種類おいてあって、両方買うと、トートバックプレゼント、ということで迷わず2個買いしてしまいました。

お茶は、ラズベリーティーとレインボードリームティー。

カレルチャペックのお茶は、香りと味のバランスが絶妙で私にとっては外れがありません。
夏のサッパリ紅茶って感じかな。

詳細はこちらをどうぞ。
中に入っているレシピも見ることができます。
こちらもリラックマが描かれております。

Kuma4 リラックマの缶とトートバックは、リラックマ好きにお譲りし、私はお茶だけ楽しんでおります。

譲る前に、写真を撮るのを忘れたので、譲った後に、
「缶の写真を撮って送って~!!!」
とお願いしてしまったのでした。

私は、写真だけあれば十分happy01

2010年7月22日 (木)

ホーミーベリーハーブ

100721_085901 引き続き、カレルチャペックのネタ。

これまで紅茶ばっかりだったけど、初めてカレルチャペックのハーブティーを買ってみた。

ホーミーベリーハーブ

ハイビスカス、アップルビッツ、パパイヤビッツ、パイナップルビッツ、サワーチェリー、グレープ、ローズヒップ、ラズベリー
が入ってます。

ハイビスカスとローズヒップが入っているから、私が大好きな赤いお茶です。

あけてみたら、ドライフルーツがゴロゴロ入ってます。
アップルビッツ、パパイヤビッツ、パイナップルビッツって
全部そうだもんね。
思わず、そのまま口に入れてしまった私でした。

こちらも期待を裏切らず、夏向きのさっぱりしたお味でした。
同じくおすすめレシピが入っていて、ワインを使うサマーラブ
というレシピが気になったので、今度試してみよー
って思ったのでした。

2010年7月21日 (水)

ホワイトピーチティー

100721_085801久しぶりにカレルチャペックのお茶を買った。
最近、ちょっとケチってスーパーで売ってるフレーバーティーを買って、あまりの味気なさに、
「え、これって本当にフレーバーティー?」
と、ショックを受けたことがありました。
もしかしたら、自分の味覚と嗅覚が狂ったのかも、とも。

久しぶりのカレルチャペック、パッケージが変わらずカワイイheart01
ホワイトピーチだから、ストレートかな?と思ったけど、ミルクティーでもどうぞ、とあったので、ミルクティーで飲んでみました。

香りよし、味よし!
大満足です。やっぱりカレルチャペックは裏切らないなぁ。

おすすめレシピが書いてあったりするのも素敵なのです。
ピーチアイスティーって絶対においしいと思う。
また試してみよう。

2010年5月23日 (日)

ダージリン・フェスティバル

100523_114601ルピシアのダージリン・フェスティバルに行ってきました。
個人的には、ダージリンにこだわりはないのですが、たくさん試飲できますからね~

会場がサロン・ド・テ ルピシアでしたので、朝に行ったけど、かなり混み合っていました。でも、タイミングによる気がします。

お目当てのダージリン飲み比べは、とっても興味深かった。ブレンドによって、ダージリンといっても違うんですよねぇ。普段、こんな風にいろんな種類をたくさん飲む機会がないから、一口ごとに、「へぇ~」「ほぉ~」と感心しておりました。

ダージリンよりも気になっていたのが、「ココデシカ」
店舗限定品のコーナーです。
やっぱり自制心が緩む瞬間。
去年諦めたハワイの限定品を始め、基本的には、ミルクティーに合うフレーヴァーを選びました。
後は、夏に向けてサッパリしたお茶も欲しいな、と、ルイボスティーに
フレーヴァーのついたものとか。
そうそう、ダージリン・フェスティバルなんだから、ダージリンもね。
春っぽく、舌の上で軽やかな印象を受けたものを1点。
これでしばらく、毎日のティータイムが充実します~note

100523_213701_2

2009年12月10日 (木)

グロッグ

091209_002101 冬はやっぱり温かい飲み物が気分。
というわけで、ホットワイン用ワインを買ってみた。
ドイツではグリューって言うけど、
北欧ではグロッグって言うらしい。

ホットワイン用のティーバッグなども持っているけれど、最初から全部ブレンドされていて温めるだけのものはどないな味なんだろう??と、さっそく飲んでみました。

お鍋に入れて、沸騰させないように注意して(アルコールがとんじゃうからね)飲んでみたら、ほどよい甘さでおいしい。
身体も温かくなります。

冬の夜長の楽しみにできるかな。