QRコード

  • 携帯からもアクセス!

ついったー

マナカード

  • マナカード

スプリング・コンサート2009

  • 4
    2009年6月27日のスプリング・コンサートの写真たち
 
Powered by Six Apart
Member since 07/2008

friends' works Feed

2011年10月30日 (日)

和な週末(その1)

相変わらず平日は会社の仕事で大忙しなんですが、
今週末は予定てんこ盛りでした。
で、今回は「和」な感じでした。

土曜日は、朝から加圧トレーニングに行った後、京都へ。
菓陶展に行ってきました。
会場の龍池山 大雲院は、円山公園の野外音楽堂の前だから楽勝と思っていたら、
なんと曲がるのを忘れて、すんごいところまで汗を流しながら上がってしまい、15分ほど時間のロス。。
音楽堂は、大学時代以来初めてかも。
毎年夏の土曜コンサートで「ハーモニカのゆうべ」の時は、ハモソで出演させてもらってましたので、懐かしかったなぁ。

菓陶展は、京菓子と清水焼のそれぞれの組合の青年部コラボの展覧会
(という理解で良いのでしょうか)

共同作品と個人作品とあり、共同作品は大きくて、なかなか見応えあります。
111029_125301

個人作品は、人それぞれの個性で。
すべての作品にストーリーがあるのが、また興味深いのです。

111029_125401和菓子の作品をたくさん見たら、やっぱりおいしい和菓子を食べたくなるもの。

ちゃーんと菓子席がありまして、お庭を眺めながら和菓子とお薄をいただきました。
秋らしい色合いのお菓子です。
口にも目にもおいしいイベントでした。
菓子席、ごちそうさまでした^^

お薄をいただいて、器を鑑賞していたら、またお茶のお稽古をやりたいなぁ、と思いました。
やんごとなき事情でお茶のお稽古を断念せざるを得なくなって、もう何年経つのかしら。。

祇園閣の特別公開があったのですが、時間がなくて断念。お菓子をいただきながら、てっぺんは鳳凰かぁ、などと眺めておりました。

せっかく京都に行ったのに、そんだけで帰ってきたの?と驚かれそうなくらいの弾丸でありました。

最後の写真は、分かる人には分かるオマケっ
敢えて名前が写らないように撮ってみた。

111029_125201

2011年8月 4日 (木)

ライブ・パフォーマンス

すぐにアップしようと思っていたのだけど、週末も家に戻るとグッタリ
という状況だったので、今のタイミングに。。

友人の龍神悦子さんの個展に行ってきました。
たまたま、ライブ・パフォーマンスのタイミングでしたので、
一緒に見てきました。美術館でパフォーマンスをしている映像を
見たことはあるけれど、実際に生で見るのは初めて。

演奏とパフォーマンスとペインティング。
3つがどんな風にコラボされるのか興味津々で見ていました。
ギャラリーのガラスがどんどん変わっていく様は、とても興味深かったです。
終わってから、私も家のモチーフを作って貼り込みました。
会期中、どんな風に変化していくのでしょうか。

もっと経過が分かる写真を撮ったら良かったなぁ。。

Sn3o0032

Sn3o0034

興味のある方はぜひどうぞ。

会場:〒590-0953堺市堺区甲斐東1-2-29 GALLERY いろはに
連絡先:TEL/FAX 072-232-1682
会期:2011年7月29日(金)~8月7日(日)
開廊時間:11:00~18:00 8/4(木)は休廊、最終日の7日のみ17:00まで

2011年6月26日 (日)

同じ汗を流すなら

土曜日は、クラブ月世界の「NONSTOP DISCO NIGHTS」へ。
今回で3回目。ハモソの先輩がパーカッションで出演されるから、
という理由があるものの、それを抜きにしても楽しいイベントです。
由緒あるキャバレーだったというレトロモダンなクラブ月世界という
ハコそのものも素敵です。バンドのメンバーもすごーく豪華でゴージャス

今回も、自分よりも明らかに年上の方々が、楽しそうに踊っておられる姿が印象
的でした。ご夫婦で来られてる方も多かったみたい。
往年のディスコ・チューンがノンストップで演奏されますから、座って
聴いている方がツライというか、一緒に踊ってしまった方が絶対的に楽しい。
明日は雨かなぁ。なんかちょっと調子悪いような。。
なんて行くまで思っていたけど、ご機嫌なディスコ・チューンとフロアに溢れる
熱気に、行くまでの鬱々をすっかり忘れてしまいました。

Pani Crewのダンス・パフォーマンスは見入ってしまいました。
フロアの人たちは、本当にノリがよろしいというか、見ていると
こちらもニコニコしてしまいます。
年配の方の華麗なステップを見て、マネしてみるのもまた一興で。
外は蒸し暑くて、何もしなくても汗がじわっと出てきてましたけど、
同じ汗を流すなら、踊って発散しちゃうほうが気持ちよい気がします。

今回は終演時間が早くて、あれ?って思ったけれど、終電を気にしながら
最後まで残るより、安心できるし、体力を残すこともできて良かったかな。
とはいえ、最後のSeptemberは、名残惜しかったなー

625

2010年10月27日 (水)

満月にダンス

101023_202601 週の半ばになっても、まだ先週末のネタで引っ張っております。
でも、これで最後。
週末、久しぶりに神戸に行ったのは、クラブ月世界の「NONSTOP DISCO NIGHTS」
を観に行くため。それに引っかけて、元同僚と遊ぶ約束もいれましたです。
2年前に行って楽しかったから、今回も楽しみにしてたんですね~
満月の晩に、クラブ月世界って、なんかできすぎな感じ。

今回は、ゲストが前回よりすごかった。
オープニングアクトのダンス・パフォーマンス、すごいなー
って思ってたら、Pani Crewでしたよ。
後で、あれ、ホンマもんやったんや。。って。

1st ステージと2nd ステージの間の Queen's Tears Honey のアカペラも、それだけで十分に満足できるクオリティ。
往年のディスコ・チューンが女性ばっかりのアカペラってのは初めての体験でした。ハーモニーもさることながら、ボイス・パーカッションに耳が釘付け(って表現あるのかな)
テレビでは見聞きしたことあったけど、生で、しかも女の子がやってるのを聴くのは初めて。
どないしたら、ベースラインだけじゃなくてパーカッションも
鳴ってるように発声?できんのかしら。
自分でビート刻めたら良いよねぇ。楽器いらずで楽しめる。

で、メインのステージですが、ミュージシャンとボーカリストで
あふれんばかり、というか、ホーンセクションはフロアでしたもんね。
総勢20名ほどいて、とにかく豪華。
演奏される音楽は、60~70年代のディスコ・ミュージック中心。
往年のヒット曲のオンパレードって感じでしょうか。

結構、年配の方が多くて、ステージ前の1列目(って言うのかな?)で
踊っておられるのは、どう見ても40代以上の方々。
みなさん、華麗にステップ踏まれるし、振りも決まりがあるんでしょうね。
身体が勝手に動いてるって感じ。
後ろで見てて「おおお。。」ってちょっと感動。

私はステップ踏んで踊るってのは、ほっとんどできないんですけど
ライブハウスは基本的にモッシュで楽しむ人なので、同じ感覚で、
最初のうちからフロアで適当に身体揺らして楽しんでました。
なんかねー、フロアの人たちを見ていると楽しいのですよ。
多分、若かりし頃に流行った音楽を最初はおとなしく座席で聴いてて
そのうちに、たまらなくなって、フロアに踊りに出てきちゃう、
みたいなオジサマやオバサマが大勢いらしてですね、疲れたら席に戻って、
元気になったらまたフロアに出てきて、楽しそうに踊っておられる。
そういうのを見てたら、踊れなくてもニコニコしてしまいます。
で、連れの友人をほったらかして、一人でフロアで楽しんでたのでした。

前回は、実家だったので、終電に乗るのに途中で帰ったけど、
今回は終電まで余裕があったので、20時のオープニング・アクトから
アンコールの「September」まで3時間半くらいかな、最初から最後まで
楽しみました♪

日本で学生していた頃は、ディスコもクラブもなんとなく
怖いイメージがあって行ったことなかったし、
アメリカで学生していた頃は、学校主催のブラック&ホワイトの
ダンスパーティーがあったから、そういうのは一応参加したけど
基本そういうのは好きじゃなかったので、進んで、ではなかったです。
でも、「NONSTOP DISCO NIGHTS」は楽しいので次もぜひ参加したいです!

2010年10月21日 (木)

週末のいざない

2010disconights 今週末は、神戸で大人のディスコパーティーに行きます。

2年前も行ったけど、会場のクラブ月世界は元は由緒あるキャバレーで、レトロモダンで、なかなか雰囲気の良いところ。
会場もさることながら、往年のディスコチューンをたのしみにしております。

ハモソ関係者はたくさん来るのかな?

私は、ハモソとは全然関係ない友人を連れて行っちゃうんですが。

参戦される方は、当日、会場でお会いしましょう~♪

いただいたフライヤーの画像をそのまま貼りっ

2009年12月 8日 (火)

琴線ライブ

あんまりにも仕事が忙しすぎて深夜残業続きなので、
かなりヘロヘロな状態になっております。

日曜日、大阪市内某所へライブを観に行きました。
行くまで知らなかったのだけど、少し早めのクリスマス・パーティー
だったらしい。
タイトルになぜ「琴線」などとついてるのかは、私のブログのコメント欄まで
つぶさにチェックしている人には分かるだろう、というネタです。

出演者はプロの人たちではないので、お客さんに近親者が多く、
一人だと時間を持てあますのぉ、と思いながらライブを見ておりました。
途中、ビンゴ・ゲームがあって、結構、引きが良い方なので、ビンゴを
見事に引き当てた私。

ライブについて云々と書くのはなしにして、タイトルに「琴線」と
つけたからには、それらしきことも書いておこうと。

ライブの最後は皆でジョン・レノンの「Happy Xmas (War Is Over)」を
歌ったのですが、しみじみと歌詞を眺めて

War is over, if you want it
War is over now

に目がいったのでした。直訳すると、
「戦争は終わる、あなたが望むなら。戦争は今すぐ終わる」
"if you want it" がポイントだなぁ、と。

マイケル・ジャクソンの「This is it」では、マイケルが
「地球を癒そう、誰かがじゃなくて、自分たちから動くんだ。」
みたいなことを言ってましたね。

利害の都合、戦争を望む人たちがいたりするわけでして、
でも、戦争を終わらせたいと望んで動く人の方が多ければ、
平和になるはず、多分。

そんなことをツラツラと思っていたのですが、本日は奇しくも
ジョン・レノンが凶弾に倒れた日。
ついでに、私の誕生日でもあります。

2009年10月25日 (日)

和菓子の世界

和菓子の展覧会があると聞いて、ちょっくら京都まで。

京菓子協同組合青年部 創部45周年記念展覧会
 【絆】~京菓子が結ぶココロと心~

091025_125901

会場の嶋臺(しまだい)は、国の登録文化財に指定された町家らしい。
建築好きとしては、そういう建物の中に入ることができたのも嬉しかった。

あれもこれもお菓子でできてるのか。。って感心しながら見てました。
たまたま、周りに家族連れが多くて、お子さん達が
「これもお菓子?これも?」って、テンション高かったのが、かいらしかった。
日本の伝統色からイメージされるものを表現した個人作品も、人それぞれの
個性が見えて感心。。

で、分かる人にだけ分かる写真を。
敢えてボケてます。
(きれいな写真は本人のところにアップされたりするのかな?)
091025_124601

2009年8月17日 (月)

のこぎり音楽の演奏会

私の友人が「今度これに出るの~」ってチラシをくれました。

『日本のこぎり音楽協会関西支部 第1回定期演奏会』
日時:8月29日(土) 18時開場/19時開演
場所:
ムジカジャポニカ

090817_233301

関西人であれば、のこぎりで音楽と聞くと、つい、横山ホットブラザーズの
「お~ま~え~は~あ~ほ~か~」
を思い出してしまうかと思いますが、ブツはまさにソレです。
本名?は、「MUSICAL SAW 」「SINGING SAW」などと呼ばれてます。
今回は、Musical Saw によるお笑いじゃなくて本気の音楽会。

日本のこぎり音楽協会関西支部発足15周年、満を持しての
第1回定期演奏会、なんだとか。

学生時代、淀屋橋界隈の橋の上で、Musical Saw の練習をしている人たちを
見かけたことがあります。時期的に、ちょうど発足した頃かなぁ。
おもしろそ~って思いながら眺めてた記憶があります。

ちなみに私の友人は、三線で出るらしい。
そんな趣味があったん、知らんかったわぁ。
友人が、「のこぎり持った人たちがオーケストラみたいに集まって『剣の舞』
やってるのを聴いたけど、すーっごく感動した。」
って言ってました。

のこぎりによる「剣の舞」!!!
ちょっと違うけど、のこぎりも剣の一種みたいなものじゃないですか。
ま~さ~に剣による剣の舞
当日演奏されるかどうか分からないけど、ぜひとも聴いてみたい。
それ以外でも、のこぎり音楽そのものが面白そうです。
できる限り、都合付けて聴きに行こうと思っている次第。

2009年5月15日 (金)

友人の展覧会のご案内

私のお友だちの龍神悦子さんの個展のご案内です。
本日から始まってます!

2009年5月15日(金)~ 5月20日(水)
11:00 ~ 18:00 最終日/17:00

GALLERYいろはに
堺市堺区甲斐町東1丁2-29

Ryuryu_2
現実の街、思い出の街、
空想の街または子供時代の原風景の
イメージを提示し観客との対話と参加をはかる。

5月14日の朝日新聞朝刊のタウンでも紹介されてます。
(掲載されているのは泉州版だけだと思うけど。)

春コン前で忙しい時期ではありますが、練習前か練習後に立ち寄る予定。。

2009年4月 1日 (水)

Violence White のご案内

TRARY PROJECT を手伝っているお友達から個展の案内をいただきました。

090401_002201

小灘精一 個展  "Violence White"

日時:2009年4月7日(火)~ 12日(日)
   11:00 ~ 19:00 最終日は17:00まで
場所:
海岸通ギャラリーCASO

★ Live performance
4月10日 (金) 19:00より
orhythmo×クーデターズ

何度かCASO前で、TRARY PROJECT をやってましたが、
今回は、外じゃなくてCASOの中です。
ギャラリーでの個展は初めてということで
かなり気合い入ってるそうですよ。

暖かくなってきて、海辺が気持ちよくなってくる季節ですから、
期間中、大阪港や天保山方面に行かれる方がおられたら、
お散歩がてらお立ち寄り下さい。
私も期間中に観に行く予定です。