QRコード

  • 携帯からもアクセス!

ついったー

マナカード

  • マナカード

スプリング・コンサート2009

  • 4
    2009年6月27日のスプリング・コンサートの写真たち
 
Powered by Six Apart
Member since 07/2008

« 2016年3月 | メイン | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月30日 (土)

チャレンジ月間

4月は私にとっていろんな意味でチャレンジの月でした。

息子が幼稚園入園という節目で、私もチャレンジしなくてはいけないことが多々降りかかってきました。
日常の洋服のこととか、靴のこととか、いきなり根源的なことに飛ぶけど、母らしさって何だろう、とか。

息子を出産してからこれまで、私は間違いなく母なんですけど、世間に対する態度では、なのかな、自分の中では、なのかな、どこか母という意識が薄かった気がします。
ママ友もほぼいなくて、妹だったりイトコだったり親戚以外、子ども含めた交流はほとんどしてこなかったし。
幼稚園で、周りのお母さんたちを見て衝撃を受けることが多かったです。

今も幼稚園に入ったばっかりで、幼稚園が終わってから幼稚園のお友達と遊ぶようなこともまだないですけどね。
そのうち、そういう交流も出てくるんだろうな。

このブログは今月は1日も休まず頑張ってアップしてみました。
休まず続けられたのは、本当に久しぶりですね。

チャレンジは4月で終わりじゃなく、これからも続いていきます。
幼稚園だって、まだまだ、まだまだ慣れていませんもの(母の私が)

2016年4月29日 (金)

連休スタート

今日から連休のはじまり、はじまり~

といっても主婦をしておりますと休みのほうが忙しいかも。

なんですが、息子が幼稚園入って以来、送り迎えをはじめ、朝の準備だの帰ってきてから午後の遊びに、
夕方はお風呂いれたりご飯食べさせたり、早めに寝かすようにしたりと毎日目まぐるしくなりました。
休みにホッとする私もおります。
結局、平日も休日もあんまり休まらなくなってるんだな。

水曜、木曜と息子を保育園に預けて終日講座に参加し、今日の午前中は写真撮影をしてもらうためにお出かけ。
そこで久しぶりに知り合いに会ったら
「久しぶり~!なんか疲れてない?」
と、二言目に「疲れてない?」と言われてしまいました。

そういや、すんごく疲れているかも。
「せっかくお化粧もして、素敵に服も着てるのに覇気がないよ」
なんて言われて、「・・・うっ・・・」でした。

今朝ひいたマナカードは「イヴィ」でした。
自分を大切にしなさい、という意味を持つカード。ほんと、その通りやなぁ。
あいたたた。。sweat01

連休はカレンダー通り。
後半は、ダンナ氏の両親と一緒の旅行もあります。
なかなか休まる日が作れなさそうですね。。

2016年4月28日 (木)

写真系SNS

ふと思い立って、PinterestとInstagramを始めてみました。

資料になるテキストやイメージをEvernoteに保存していたけど、無料でやるには画像をたくさん集められない。
だったら、画像を集められるツールが欲しいなぁ、とPinterestをやってみることにしました。
Pinterestは、正式?にはSNSじゃないみたいです。
自分がアウトプットするといいうよりも、インプットに使いたいのでボードは非公開にしています。

Instagramも、アウトプットよりインプット用ですね。
毎日大量のブログをFeed Readerでチェックしているのですが、Instagramの写真はReaderでは見ることができず、該当ブログにアクセスする必要があり、不便さを感じておりました。
だったらInstagramのアカウントを作って、チェックしているブログでInstagramが使われているものを片っ端からフォローしてみたら楽なんじゃないかと。

個人的にはテキストを読むのが大好きなんですが、写真ばっかり眺めるのも悪くないなと、やってみて感じています。
特にPinterestは、とっても刺激的です。
見目麗しいって、本当に大切。
いつもとは違う脳の部位を刺激されている感じがします。

当面はどちらも私がアウトプットすることはないと思うので、私のアカウントを発見してフォローしてくださっても、何も流れてきませんことを、お知りおきくださいませ。

2016年4月27日 (水)

二週間ぶりに出戻り

入園式からちょうど2週間。

今日と明日の二日間、私の都合で息子は保育園に出戻りです。

息子に幼稚園はお休み、代わりに保育園に行くよ、と言うと
「幼稚園に行きたい」とのことでしたが、それ以上嫌がるでもなく
不服げではありましたが、自転車に乗って保育園へ。

保育園では、先生や年下のお友達が待っていました。
行ってしまえば懐かしい環境。
これまで通り、楽しんだようです。
先生方は、たった2週間でも幼稚園に入ってググッと成長したねぇ、と感慨深げでした。
息子も先生に幼稚園の話をいっぱいして、話が尽きなかったようです。
幼稚園では「おえかき」をいっぱいしてるようですが、保育園に戻ったらこれまで通り「おままごと」を楽しんだ様子。
帰りに先生方といろいろお話をして、息子の成長をいろんなところでいろんな人に見てもらえるのはいいことだと思いました。
幼稚園に行って緊張しているのは息子だけじゃなく、私もですので、久々の保育園で慣れ親しんだ先生方にお会いして、私もちょっと息抜きっていうかなんというか。

明日、もう一日保育園に行ったら、今度こそ卒園です。
とはいえ、夏休みだの週末だの、一時預かりしてもらう機会はちょいちょいありそうですが。

2016年4月26日 (火)

多少はアナログ

幼稚園の廊下に入園式の写真が張り出されています。
息子と二人での入園式で、写真を撮る余裕がなかったので、自分たちが写っている写真を探しました。

そんな中、少し前に読んだアエラの記事
まるで伝書鳩? 幼稚園・学校のアナログさに保護者が悲鳴

を思い出しました。

写真の販売は、この記事と同じく廊下に張り出し。
写真の大きさによって値段は違うけれど、現金ちょうど用意も同じ。
今朝、購入希望の写真の番号と枚数を用紙に記入して現金をビニール袋に入れて、セロハンテープで封をして申し込み箱にチャリンと入れてきました。

記事では、幼稚園にインターネット写真販売サービスの導入をお願いしたけど聞き入れてもらえなかったと。

インターネット写真販売サービスは、確かに便利です。
先日、母が出演したライブの写真がこのサービスを使って販売されていたので、購入手続きの手伝いをしたところです。
でも、皆が皆、スマホやPCを持ってるわけじゃないしなぁ。
私のところは場所柄、ほぼ持っておられると思いますけど、送り迎えしているのは両親だけじゃなくて、祖父母のところもあったりするし。
スマホは持っていても、クレジットカードを持ってない人もいるし。
(これは私のダンナ氏のこと。ブラックだから持てないんじゃなくて、私が持たせておりません。)

そもそも、幼稚園って親の手がかかる部分って結構あるしなぁ。
写真のアナログな販売方法は、私には問題ないです。
そりゃ、インターネット写真販売サービス使えたら便利、とも思いますが。


記事では、月謝などの費用が引き落としじゃなく、封筒にきっちり入れて持っていくとか、
小学校だけど欠席の連絡は電話じゃダメで、友達に連絡帳を預けての連絡とかありますが、
そのあたり、費用は銀行引き落としで、欠席は電話連絡OKです。

明日、明後日は私の都合で息子には幼稚園を欠席してもらい、保育園に預けます。
さすがに事前に分かっていることだったので、直接先生に話してきました。
せっかく笑顔で園に行けるようになったところなのに、私の勝手で連休含めて結構休ませてしまうのは、ほんの少し罪悪感ありますね。
まぁ、これが最後の予定です。

2016年4月25日 (月)

秘密の質問

幼稚園に入園して2回目の月曜日。

息子はすっかり慣れた様子で登園していきました。
ダメ母の私は、水筒の準備をすっかり忘れていて、紐をつけずに持たせてしまいました。
幼稚園児の忘れ物は親の責任。。

タイトルにした「秘密の質問」は、Apple IDのアップデートで表示されたもの。
Windows 10にした影響かなんだか分からないけど、iBooksを使いたいと思ってiCloudにアクセスしたら表示されました。

「子どもの頃に過ごした町」
「学生時代に好きだったミュージシャン」

最初の問いは大丈夫だったけど、2問目
「学生時代に好きだった」って、どの学生時代よ。。
小学生はありえないとして、中学生、高校生、大学生、いつなんだ。
しかも、私は好きなミュージシャンっていっぱいあるから、誰なんだか。。
この問いを設定したのは、いつだったのかしら。

結局、この質問でひっかかってアクセスできず、秘密の質問をリセットしようとしたら、
修復用メールアドレスが現在使えなくなっている古いアドレス。
リセットすることもできません。

大焦りしました。

もしかしてWindows 10のせい?と思って、もう一台あるWindows 7のPCを起動してアクセスしてみたら、やっぱりApple IDのアップデートの画面。
でも、幸いにして3問のうち答えがわかっている2問が出てきてセーフ!
無事、iCloudにアクセスすることができました。

その後すぐに秘密の質問の変更と、修復用メールアドレスを変更しました。
長年使っているからと安心はできないものですね。。
思いがけないところで環境が変わっていたりして。

それにしても、私が設定した「学生時代好きだったミュージシャン」の答えが気になる。。
もう確認のしようもありませんが。

2016年4月24日 (日)

週末はリラックス

息子の幼稚園生活が始まって、生活リズムが一変ってことはないのですが、毎日毎日のリズムを作るのがまだできていません。

朝、息子はダラダラしがちですし、幼稚園では緊張しているのもあって帰ってきたら昼寝しがち。
昼寝をしたら今度は夜が眠れなくて、みたいになかなかリズムが作りにくいです。
慣れてきたら全然問題なくなるんでしょうけど。

夜は早く寝かすようにして、朝は早く起こすようにして、、これまでになく「早く、早く」が口癖になりそう。

保育園と違って幼稚園は、朝の送りとお迎えはガッツリと親の手がいりますし、
5月の連休明けて落ち着くまでは午前中保育だから送っていったと思ったら
お迎えの時間がすぐにやってきます。

息子が幼稚園に行ってる短い時間を有効活用しようと、きっちり動くようになりました。
それはそれで良い感じなんですが、のんびり時間がなくなって疲れますね。
これも慣れなんでしょうが。

そんなんで、金曜日のお迎えから帰宅してから、すごーくリラックス気分でおります。
時間に追われないというか、追わなくていいのは気分的に楽です。

でも、明日からに備えて今日からまたリズムを作るために息子が変な時間に昼寝しないように見張っております。
私も横になって休憩したいのをグッとこらえて、、です。

母子ともに幼稚園用の生活リズムをつかむのに挑戦中です。

2016年4月23日 (土)

木下大サーカス

父から木下大サーカスの招待券をもらったので、家族で見に行ってきました。

ダンナ氏がずっとサーカスを見たがっていたので、大喜びでした。
子どもの頃に見たサーカスの思い出が強烈に残っているらしい。
私も小学校の高学年だったか中学生だったか、サーカスを見た記憶があります。
おそらく、もっと幼い時にも連れて行ってもらったこともあるはず。

息子が少しでも楽しんでくれたら、と思ったのですが、会場が鶴見緑地内の特設会場のため、
サーカスよりも緑地で遊びたがり、連れてくのに一苦労しました。
ギリギリの到着で、テントに入ったらショーが始まってしまいました。
あまりよく見えるとは言えない席だったのもありますが、息子にはあまりうけなかったみたい。
理解するにはちょっと早かったかな。

ショーの内容は、多岐にわたっていて大人にはとっても楽しめました。
息子は動物が出てきた時くらいかな、反応していたの。
シマウマ、キリン、ホワイトライオン、ゾウ、それぞれのショーがありました。

個人的には、空中大車輪が一番迫力あったかなぁ。
どうしても座った位置の影響で、肝心な部分が見えないことが多くって、招待券でぎりぎりに入ったから仕方ないけど、ちょっと残念ではありました。
これはこれで、一つの思い出ですね。

160423_101801_2

2016年4月22日 (金)

「おんがくなかよし」体験

息子は5月からヤマハの音楽教室で「おんがくなかよし」コースに進級が決まっているけれど、

お店の人から「体験レッスンいかがですか?」と勧められたので、
4月に幼稚園が始まったから今後のシミュレーションがてら体験レッスン受けてきました。

息子はヤマハのレッスンを「ぷっぷる」と覚えているので「新しいぷっぷる」と楽しみにしていました。
「ヤマハに行くけど、ぷっぷるはもういなくて、新しいレッスンよ」
と言い聞かせて行きました。

教室もこれまでと違って、エレクトーンが並んだ教室です。
今回は体験レッスンということで、名札やおみやげにぷっぷるがいたので、息子もなんとなく満たされた風。

先生はこれまでと同じ先生なので、息子も安心できたようですが、新しく始まった幼稚園生活でいっぱいいっぱいなので、緊張の面持ち。
先にレッスン教材をもらっていてDVDやCDを聴いていたから、レッスンが始まって歌が始まったら嬉しそうに歌っていました。

鍵盤を弾かせてもらえる段になると、それはそれは嬉しそうな顔をしていました。
弾く、といっても、鍵盤を自由に叩いたり、一本指で弾いてみたり、白鍵黒鍵を試してみたり。
音も変わるので、指示通りにボタンを押して鍵盤を弾いてみたら音が変わって「おおおお!!!!」な顔になったり。
体験とはいえ、ちゃんとしたレッスンなので存分に楽しんだようです。

もう一人体験レッスン参加の男の子がいて、完全に初めてのお子さんだったようで、
歌やリズムもできず、というか、参加の仕方も分からずというか、
「もう終わり?」みたいなことを後半、よく言ってました。
息子も最初の半年くらいは慣れなくて、場にいてるだけ、みたいでしたもんねぇ。

とりあえず新しいクラスも気に入ったようで、
「またヤマハ行こうね」
と帰りに言ってました。
もう「ぷっぷる」いないって体験レッスンで理解したんやね。。

5月からのコースは、変更してなければ一緒に持ちあがりのお友達もいるので、息子はより、リラックスしてレッスンを受けられるかな?と思ったり。

2016年4月21日 (木)

初めての雨傘

幼稚園入園にあたり、息子に雨傘を買いました。

父方の祖父母に買ってもらったり、ポイント交換でもらったりした子ども用雨傘があるのですが、今の息子にはまだ大きいサイズだったので、ちょうどよいものを買いました。
これまでも傘を持ちたがったので息子大喜び。

入園して1週間、降園時に本格的な雨が降っていたので息子の雨傘を持って迎えに行きました。
傘が持てることに息子は喜んだけれど、まず傘を一人で開くこと、閉じることから教えなくてはなりません。
実際に持たせてみて気づいたのは、傘をちゃんと持って歩くのは難しいということ。

今日に関しては、傘を持たせてもらった喜びが勝ったせいもあるかもですが、傘はさしてるけど自分をカバーしてなくて雨にどんどん濡れていく状態。
そのたびに、こうやって持つのよ、と言ってみたけど、できるのはほんの数秒。
傘って案外難しいんだと思いました。

傘を持っていると、痛い思いをしたり、危ないこともあったり。
幼稚園から自宅までの短い距離でも、いろいろと思い知らされました。

子どもといると、自分が当たり前のようにできることでも、当たり前じゃないことって多いんだわって感じることが多いです。

これから雨の日はしばらく、傘の使い方で息子ともめそうです。
(息子の性格的に、慣れてきたら慣れてきたでチャンバラごっことか絶対やりそうだし。。)